Tz波

太陽の銀河公転周期に対して地球は1年に2度、Tz波のMAXとMINを迎え、その間はずっと上がりか下がり。
その一秒前と一秒後のTz波の密度の変化がエネルギーとなる。
当然、春分秋分、夏至冬至付近は差分が少ないので、エネルギーが低い。
だから、蓄波しないといけない。
簡単に言えば「宇宙潮汐発電」です。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-17 (金) 11:38:40 (975d)